シンガポールで人生の休暇を謳歌する、ふねさんの日記

シンガポール駐在妻です。がんばります。日本語+英語で投稿予定です。

日本のニュースで今年一番の衝撃かも。国際線の新規予約の停止について。

突如現れた新種株、オミクロン株。

衝撃だったのはその登場ではなく、日本政府の発表でした。

「国際線の新規予約の停止」

www3.nhk.or.jp

 

すぐに撤回されたものの、考えなしに発表されたとしか思えず…いくらなんでもひどすぎると感じました。

実際海外に住んでいる人や、家族が海外にいる人ではないと感じない重大さなのかもしれません。が、海外在住者に、日本に帰ることすらできなくなることへの恐怖やショックを与えたことは事実です。

 

コロナが出てき始めたころ、中国をはじめインドなど、感染拡大地域から日本人帰国のための特別便が飛んでいました。そんなニュースを、当時は日本で見ていました。

「海外にいる人も、こんな不安なウイルスが出てきたら、やっぱり家族と一緒に日本で過ごしたいだろうな。日本政府は海外在住者のために特別便も飛ばして、救済措置を取ってくれるんだな。」と思いながら。

 

そんな当時の感心も裏切られたような、本当に残念な気持ちになりました。

これまで日本の政治には全く興味がなかったけど、さすがにこの先が不安に思います。

 

良くも悪くも、日本を外から見ることで、政府や日本という国に対して、いろんな疑問や心配事が感じられるようになってきた、ということでしょうか。